赤ちゃんが突然泣き出したら|バーストラウマ

新生児
スポンサーリンク

赤ちゃんは、泣くのがお仕事。

お腹が空いたら泣いて、オムツが汚れたら泣いて、眠くなれば泣いて、抱っこして欲しくて泣いて、暑すぎると泣いて、寒くても泣いて…。

生まれたばかりで、まだお喋り出来ない赤ちゃんにとっては、泣くことが自分の要求を伝える唯一の手段なのです。

だからママは赤ちゃんが泣いたら、あやしたり、オムツを替えたり授乳したりと、赤ちゃんの要求に応えてあげますよね。

でも、オムツも替えた、授乳もした、抱っこもしてる、だけど全然泣き止まない!もう1時間もずーっとギャン泣きしてるんだけど……どうすればいいの?困った!私が泣きたい!!

そんな経験のあるママは、たくさんいらっしゃることでしょう。

夕方に突然泣き出す黄昏泣きや、夜中に突然泣き出す夜泣きに悩まされるママは多いものです。

黄昏泣きや夜泣きの原因は様々ですが

  • 日中にたくさん刺激を受けた
  • 睡眠と覚醒の切り替えが上手く出来ない
  • 体の成長に伴う成長痛

などと言われていますね。

オムツも授乳もお着替えもしたのに泣き止まない。ひたすら抱っこしてゆらゆら…泣いている原因がわからず、何時間も泣き続けられると、体調が悪いのかな?と心配になったり、日中に何か悪いことしたのかな?と自分を責めたりと、ママは頭を悩ませてしまいます。

そんなママに知ってほしいバーストラウマについて、今日はお話しようと思います。

バーストラウマって、何?

赤ちゃんがまだママのお腹の中にいるとき、赤ちゃんは温かな羊水の中にぷかぷかと浮かび、ママのお腹の心地よさを感じています。それは安心で、安全で、全てが包まれた幸せな世界。

でも出産の時は、その幸せな世界から一転、狭い産道を通って、ママの胎内から出ていくのです。

赤ちゃんは温かくてママと一心同体だった幸せな環境から切り離され、生まれてきます。

その生まれてくる過程で、なかなか産道を通れずに吸引されたり押されたり、へその緒が絡まったりすることで赤ちゃんは痛みを経験します。

まだママのお腹に居たかったのに、陣痛促進剤によって突然の痛みに襲われたり、帝王切開によって、お腹から突然外に出されたり……

出産のときに、赤ちゃんが苦痛を経験すると、これがトラウマとなって心身に残ってしまうのだそうです。これをバーストラウマと言います。

そして、この出産のときに経験した痛みを思い出して、突然泣くこともあるのです。

安産の方でも、狭い参道を通るだけでさえ痛みは経験するわけですから、難産だったり、生まれた直後に手術などの処置を受けなければならなかった場合は尚更、痛みやショックを体が記憶してしまう、可能性があります。

どうでしょうか?赤ちゃんがなんの前触れもなく突然泣き叫び始めるのは、以前に経験した傷みバーストラウマを思い出したからということもあり得るのです。

少しスピリチュアル的な考えになってしまうので、「本当かな?」と思われるママもいるかもしれません。でも、このバーストラウマがあるとするならば、原因不明の何日も続くギャン泣きも、「生まれたときの痛さを思い出しちゃってるんだね、頑張ったもんね」と少し納得出来る部分もあるかもしれません。

何で泣いてるのかわからない。私が泣きたい!と途方に暮れていた気持ちが、「痛くて怖かったのを思い出して泣いているんだ」と考えれば、「大丈夫、ママがいるからもう怖くないよ」と、気持ちを切り替えられのではないでしょうか。

バーストラウマによって泣いている赤ちゃんは、どうあやしてあげる?

ママが胸のところで赤ちゃんを抱っこして、ゆらゆらと左右に動かしてあげましょう。

ママと密着して呼吸や心臓の音を聞くことで、赤ちゃんの気持ちが少し落ち着きます。

また、ママのお腹の上に赤ちゃんをうつぶせで寝かせて、ゆっくりと背中をマッサージするようにさすってあげるのも、赤ちゃんの情緒を安定させたり安眠を誘う効果があります。

うつぶせの時は、赤ちゃんのお顔をきちんと横にして、窒息には注意してあげましょう。

ベビーマッサージで赤ちゃんと触れあうこともおすすめです。

ママのお腹の中にいた時の音に似ているホワイトノイズ(扇風機や掃除機の音、ラジオを小さくしてかけるなど)を聞かせることも、赤ちゃんを落ち着かせる効果がありますよ。

抱っこしてもどうしようもないときは、思いきってベビーカーでお散歩したり。車に乗せて、ドライブに行くこともひとつの方法です。

ベビーカーの揺れや、車の揺れと音には赤ちゃんを落ち着かせる効果がありますので。

私も昔、ギャン泣きが止まらない息子を車に乗せて、夜のドライブをしたこともありました!

突然の夜泣きや黄昏泣きも、時期が来れば必ずおさまりますが、それまでママにとっては辛い日々が続きますよね。

でも、赤ちゃんも小さな体でたくさんの痛みや恐怖と戦って大好きなママに会いに来てくれたのですから、その痛みや苦しみであるバーストラウマを、ママがたくさん抱き締めることで、和らげてあげて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました