温泉や銭湯、子供は何歳まで異性のお風呂に入っていいの?

育児
スポンサーリンク

子供と一緒に温泉や銭湯などの公衆浴場に行くときに、女の子がパパと一緒に男湯に入ったり、男の子がママと一緒に女湯に入るケースってありますよね。

我が家もパパがいないときに、小さな息子を女湯に一緒に入れたことがありますし、逆に小さな娘をパパに頼んで、たまにはひとりでゆっくり入る…なんて事がありました。

でも、たまーに「え?もう小学生だよね?」っていう大きな男の子が女湯に入ってることがあり、ちょっとびっくりすることがあります。

女の子が男湯、男の子が女湯といった、異性のお風呂に子供が入っていい年齢って、いったい何歳までなんでしょう?

気になって調べてみたところ、各自治体できちんと決められているようです。

………って、えぇぇぇー???

ほとんどの自治体が10歳以上がダメということは、9歳までは良しとしてることに、まずびっくり。小学校3年生までは良いということですよね?

小学3年生って、もう結構なお年頃だと思うんだけど……。

ただ、これはあくまでも混浴という括りで自治体が決めているものなので、以下のように銭湯組合や、温泉施設独自の決まりを設けている場合もありますね。

北海道の銭湯組合は、女児が男湯に入っていい年齢の目安を「9歳(小学3年生)まで」とする方針を決めた

出典元:Jタウンネット
銭湯で、男の子を「女湯」(or女の子を「男湯」)に入れていいのは何歳までか調べてみた - Jタウン研究所 - Jタウンネット
北海道の銭湯組合は、女児が男湯に入っていい年齢の目安を「9歳(小学3年生)まで」とする方針を決めた。道の条例は「12歳以上の男女を混浴させないこと」と定めているが、2015年7月31日の北海道新聞が報...

それでも9歳まで…。

個人的には、ものすごい違和感が。

スポンサーリンク

実際のところ、何歳までなら許容範囲なのか

個人的には、幼稚園に入る前の3歳未満まで、男の子ならば少し譲っても、小学校入学前の5~6歳まで、かなぁと思うのです。

というのも、女の子は幼稚園に入園する3~4歳頃には、見た目も中身も完全に女の子です。赤ちゃんのときなら、髪も短いので、男の子のシンボルがついてるかついてないか程度の違いですが、3歳になればもう誰が見ても女の子。

そうなると、やはり好奇の目で見る男の人もいないとは限りません。これについては後述しますが、私の娘も実際にそのような人に遭遇しました。

そして男の子ですが、5~6歳くらいになると、女の人のおっぱいなどに興味が出てくる子は出てきます。ママ以外の女の人を、じろじろ見てくる子なんかもたまにいますので、不快に感じる女性もいるかもしれません。

また、5~6歳頃の男の子って、とてもやんちゃなお年頃なので、ゆっくり温泉につかりたいのに騒いだり走り回ったりされると、周りもママも困ってしまいますよね。

もちろんワンオペ育児で、仕方なく女湯につれていかなければならないケースもあると思いますので、一概に5~6歳を過ぎたら絶対ダメとは言えませんが、もしも連れていくのならば、ママが目を離さずに行動を見ていて欲しいな、と思います。

ということで、個人的には女の子なら3歳未満、男の子も出来れば3歳未満、少し譲って5歳未満!

皆さんは、どうでしょうか?

娘を男湯に入れて遭遇した変な人

では、なぜ私が女の子は3歳未満と考えるのかというと、現在小学生の娘が3歳になる頃に、男湯である出来事が起こったのです。

私が生理中で入浴できなかったため、パパと5歳の息子と3人で、温泉に入っていたのですが、パパが娘の体を洗っているときに、初老の男性が近づいてきて、こう言ったそうなんです。「可愛いですね。ちょっと私にお嬢さんの背中を洗わせてもらえませんか

パパはもちろん、丁重にお断りしましたが…めっちゃ気持ち悪くないですか?

例え、その初老の男性が下心がなかったとしても、もしも、その男性が幼い娘を過去に亡くして、その面影を娘に見たとかいう理由があったとしても見ず知らずの男の人に「体を洗わせて」と言われて、それを許可する親がどこにいるというのだ。

もう生理的に無理、気持ち悪い。

それから、娘を男湯に入れることはやめました。

最近、幼女に対するわいせつな事件もあるように、3~4歳くらいの幼い女の子に、性的興奮を覚える男性がいるのも悲しいですが事実なので、やはり女の子を男湯に入れるのは、3歳以下の1~2歳までが安全かなぁと思うのです。

変な人ばかりじゃないけれど、世の中には変な人もいますからね。

銭湯も温泉も、癒しやリラックスを求めて来ている人が多い場所なので、子供を連れていく立場の人も、またそれを受け入れる側も、嫌な気持ちにならないようにしていきたいですね。

親子で楽しく入浴できますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました