赤ちゃんが頭を打った!病院に行くべき?

赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんが動くようになると、心配なのが怪我。

寝返り出来るようになると、ベッドやソファから落ちたり、何かに頭をぶつけたり。

お座り出来るようになったら、転倒して頭をぶつけたり。

つかまり立ち出来るようになると、テーブルの角にぶつけたり、転倒したり…。

歩けるようになっても、つまずいて転んだり。

赤ちゃんは、頭が大きいので、バランスを崩してどうしても転んで頭を打つことが多くなります。

頭を打っても、ちょっと泣いてケロッとしているならあまり心配はないですが、血が出たり、腫れてたんこぶになると、やはり心配になりますよね。

そんな時に、「これって、病院に行った方がいいのかな?」と迷うこともあるかと思います。

赤ちゃんが頭をぶつけてしまった時に

意識がない

吐いてしまった

ぐったりしている

出血が止まらない

そんな状態なら、迷うことなく病院ですが、「血もでてないし、意識もあるし、そこまでの状態じゃないんだけど、大泣きしてるし心配。でも、病院行ってもいいのかな?」って事、結構あります。

ぶつけた直後は泣いて、その後は機嫌が良い

そんな場合は、ぶつけた所を冷やしておうちで様子を見ていても問題ないですが、例えば泣き方が尋常じゃないとか、かなり高いところから落ちてしまったとか、意識はあるけど何となくいつもと違う………そんな時は、自己判断せずに病院に行ってくださいね。

ちなみに管理人やまさんは、子供3人いますが、3人とも頭をぶつけて病院に行った経験ありです。

1人目のとき

お座りを覚えたてのころ、ベッドの上で座らせていたら、転倒し、そのままベッドから落ちてしまいました。大泣きした後はけろりとしていたものの、打ったのが後頭部でしたし、高さ60cmくらいから落ちたので、後で何かあっても怖いので受診しました。

2人目のとき

2人目は、赤ちゃんではなく3歳のころ。押し入れに入ってお兄ちゃんと遊んでいたら、押し入れから落下してしまいました。高さ1メートルから落ち、直後に吐いてしまったので、この時は救急車を呼びました。

3人目のとき

1歳のころ。少し背の高いカフェテーブルにつかまり立ちしたところ、テーブルごと転倒。床とテーブルに頭を打ち付けて、ものすごく大きなたんこぶをつくりました。

3人目で、子供の怪我にはある程度耐性は出来ていたつもりでしたが、あまりのたんこぶの大きさにビビり、病院に行きました。、

実際の写真をご覧下さい。

さすがに、この大きさのたんこぶを見たら、「ひいぃぃー!」っとなって、病院に駆け込んでしまいました………。

少しでも心配があるなら受診して。CT検査の必要があるかどうかは医師の判断で。

近年、「コンビニ受診」という言葉もあるように、軽度の症状にも関わらず、救急外来病院を受診してしまう人々が問題視されていますが、小さな赤ちゃんは、まだ言葉を発することが出来ないので、痛みの程度を説明することが出来ません。

ちょっと頭を打ったけど、少し泣いただけで元気だから大丈夫!と、いつも一緒にいるママが思うならば、おうちで様子を見ていて良いのですが、

少しでも不安や心配があるならば、病院に行くのは決して悪いことではありません。

少なくとも小さな赤ちゃんを抱えて不安なママに対して、「この程度で病院に来たの?」なんて言う医師はいませんし、もしもそんなことを言う医師がいるならば、その病院には今後行くべきではないと思います。

医師の診察を受けて、心配がないというお墨付きを貰えれば、ママだって安心しておうちで様子を見ることが出来ます。

頭を打った=CT検査となると、放射線が心配…というママもいるかもしれませんが、頭を打った状況や、症状によってCT検査が必要かどうかは、きちんと医師が判断してくれますし、放射線のリスクも考えて、受けた方が良いかどうか、きちんと親の意思も確認してくれますので、そこは心配しすぎないで下さいね。

ちなみに我が家の3人の子供たちの場合は、救急車で運ばれた2人目のみCT検査を行いましたが、あとの2人は触診のみで終わりました。

小さな赤ちゃんを、毎日お世話しているママにとっては、小さなケガでもとても心配なものです。どうぞ一人で不安を抱えずに、少しでも心配なときは病院を頼って下さいね。

また、夜間や休日などで病院がやっていない!でも救急に行くほどじゃないかも!という時、管理人も何度かお世話になりましたが小児救急電話相談というサービスがあります。

こどもの救急(ONLINE-QQ) - 小児救急電話相談 #8000
こどもの救急(ONLINE-QQ)

電話から#8000をダイヤルすると、症状に応じての対処法を教えてくれますよ。夜にケガした!パパもいない!どうしよう!そんな時に、とても助けられました。

こんなサービスも、ぜひご活用下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました