赤ちゃんの副耳(ふくじ)は、いつ手術するべき?

育児
スポンサーリンク

皆さん、「副耳」(ふくじ)って聞いたことはありますか?

耳のそばに出来る小さなイボのようなもので、我が家の長男は、生まれつきこの「副耳」がありました。生後間もない頃の写真をご覧下さい。

右耳の入口あたりに、小豆のような小さな突起物が付いてるのを、おわかりいただけるでしょうか?

多指症などは知っていたものの、副耳については知らなかった私。

出産直後に「お母さん、ちょっとお話が……」と先生に言われたときは、正直、どんなものかわからずに、ビビりました。

でも、この副耳って、出生1000人に15人の割合で発生するようで、特に珍しいものではないんです。長男のように、片耳だけに出来ることが多いですが、両耳に出来る場合や、首や頬に出来るケースもあります。

副耳の中に軟骨が入っていなければ、赤ちゃんのうちに糸で縛って、壊死させる方法もあるようなのですが、長男の場合は軟骨が入っていたので、取る場合は手術が必要になるということでした。

先生から言われたのは

  • 悪いものではないから、そのままでも問題はない。
  • 見た目を気にするなら手術をする。
  • 手術するなら、小学校の高学年くらいまでは動いてしまうので、小さいうちは全身麻酔になる。
  • 全身麻酔のリスクを考えると、安全性が高まる1歳過ぎが望ましい

ということでした。

当時の私は、耳に小さな異物があることよりも、小さな体に全身麻酔をすることのほうが怖くて、手術はしないで、しばらく様子をみることにしました。

切除手術をするなら、幼稚園や小学校に入る前がいいかな。お友達から、副耳が原因で、からかわれたりいじめられたりすると嫌だろうから、その前にはとったほうが良いよね…なんて考えていました。

でも、実際に手術したのは2歳でした。なぜかというと、本人が副耳の存在に気付き、毎日のように、びょーんと引っ張るようになってしまったのです。

痛くないんだろうけど、見ていたらちぎれてしまいそう。そして、人前でもびょ~んと引っ張るので、「それ、なぁに?」とお友達に聞かれたり、お友達にも引っ張られたりするようになってきました。

本人曰く、引っ張っても痛くはないとのことですが、お友達にまで引っ張られるようになると、さすがに潮時と思い、手術を決意しました。

スポンサーリンク

副耳手術は全身麻酔のため絶食が必要

手術の何が辛いって、全身麻酔のために前夜から絶食させなければいけないこと。大人ならまだしも、まだ2歳の小さな子どもに「麻酔するからご飯が食べられない」なんて説明してわかるはずもありませんよね。

前夜は水分だけはとれるから、お茶を飲ませて寝かしつけましたが、当日11時の手術開始までが地獄でした。

本を読んだりプレイルームで遊んだりして、なんとか誤魔化そうとしても「ご飯は?」「おやつは?」と30分おきに聞いてくる。

そして、そのうち「ご飯食べたい!」「おやつ食べたい!」「なんか食べたい!!」と大暴れをし出す。

「ごはんちょうだい」「お茶でいいから、ちょうだい~」と大泣きされたときは、手術を決断したのを悔やむくらい、悲しくて申し訳ない気持ちになりました。でも、もう後戻りは出来ないので、我慢させるしかない。

手術後も2時間程は食事がとれない

手術自体はものの数分で終わりました。そして手術室から出てきた長男は、大暴れしていました。

眠って戻ってくると思ったのに、これは予想外。医師や看護師さんの話によると、幼い子どもなので、そんなに麻酔をたくさん投与しないから、目覚めるのが早い子も多いとか。

でね、術後も2時間くらいは、まだご飯食べられない訳ですよ。また暴れる訳ですよ。

これがまた、辛かった…

2時間後、プリンをあげたら、3秒くらいで食べてました。いや、むしろ飲んでました。プリンは飲みもの!!(笑)

そんなこんなで、2歳で切除した副耳は、術後の傷跡も残らず、今じゃすっかり跡形ありません。本人も、そんなのがあったなんて覚えてもいません。

小さな体の小さな耳に、ちょこんと付いて生まれてきたきた副耳。手術前は愛しさを覚えるほど可愛い存在でした。

ふと、昔のアルバムを見返して、忘れていたその存在に気付いたので、もし、今現在副耳を持っている赤ちゃんに、手術を迷われたり考えているママがいましたら、参考になればと思い、ブログに綴りました。

とにかく絶食が一番本人もママも大変なので、手術を考える場合はそれを考慮して時期を決めると良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました